ようこそ。インドネシア・パレ英語村へ

 パレ英語村は、1970年頃に英語教員そして宗教学者でもあったムハマド・ヤジットを中心として作られた英語を学ぶための特別地区です。インドネシア・ジャワ島東部に位置し多くの学生がこの村で英語を学んでいます。

設立当初は、英語学校が1つあっただけで英語村とは言われていませんでしたが、口コミにより年々徒数が増え続け、いつの日か、この地を英語村と呼ぶようになりました。

 

設立当時は生徒の人数が30名程度と小規模でしたが、現在は大小合わせ50以上の学校があり常時3000人以上の生徒が英語を学んでいます。主にインドネシアの10〜20代の学生が英語村に滞在していますが、マレーシア、タイなど近隣諸国から英語を学びに来る学生もいます。最寄り空港まで日本から直行便がないということもあってか日本だとまだあまり知られていませんが、英語を学ぶインドネシア学生は誰もが知る有名な村です。スラバヤ国際空港(ジュアンダ国際空港)が最寄りの空港となっており、日本からはインドネシア首都ジャカルタやバリ島、クアラルンプール(マレーシア)、シンガポール等での乗り継ぎ便で向かうことができます。

 

英語を学ぶのに適した環境

パレ英語村は中心地より半径2km以内に、語学学校、宿泊先、食堂、文房具店、本屋、スーパーマーケットなど集結しており、徒歩圏内で移動することができます。また、英語村内ではレンタサイクルのお店もあるため、自転車を借りることもできます。主にインドネシア国内の高校卒業者や大学在学中の10〜20代が英語を短期で集中して学ぶ目的のために滞在しています。ほとんどがインドネシア人ですが、マレーシア、タイ、アフリカ諸国から訪れる学生も居ます。

 

物価が日本と比べ低い

アメリカ、イギリスなど先進国で留学すると食費だけで月6万円近くかかりますが、パレ英語村はその1/10 程度です


パレ英語村は、アクセスがあまり良くない農村部に立地していることもありインドネシアの中でも特に物価が低い地域です。

非常に安価に滞在することができるのも魅力の1つです。

1JPY=130IDRの場合*

最新のレートはこちらよりご確認ください。



水(500ml) 30円
スナック菓子 25円
菓子パン 60円
定食 100~200円
アイスクリーム 40~130円

洗濯サービス

200円 / kg

レンタル自転車

100円 / 日

ドライバー付きレンタカー

4500円 / 半日

英語村へのアクセス

 日本  →  スラバヤ国際空港  →  パレ英語村

スラバヤ国際空港までのルート例

成田/関空/中部国際空港からスラバヤに向かった場合のルート例。

日本からスラバヤ国際空港までの直行便が就航していないため乗継便利用となります。

 

航空券の予約は複数の航空会社からフライトスケジュールの検索と予約ができるSkyscanner のサービスをオススメしております。

航空券は一度、当事務局にご相談の上ご予約下さい。出発日に最適な航空券を当事務局でお探しすることも可能です。

航空会社名 乗継地

時間

往復運賃
ガルーダインドネシア

1.スカルノハッタ(ジャカルタ)

2.デンパサール(バリ)

10~12時間 (乗継時間含む) 4~7万円
AirAsia X * クアラルンプール(マレーシア) 11~13時間 (乗継時間含む) 3~5.5万円
Scoot チャンギ(シンガポール) 11~13時間 (乗継時間含む) 4~6万円

* AirAsia Xは成田国際空港に就航していない関係から羽田空港(国際ターミナル) または関空発のチケットをお探しください。 

[飛行機]

パレ英語村は、ジャワ島東部にありスラバヤ国際空港から車で南に約2時間半(高速道路利用)走ったところにあります。

スラバヤ国際空港へは、日本からの直行便がないためインドネシア首都ジャカルタやバリ島、マレーシア、シンガポール等での乗継便で向かう形となります。

 

[電車]

インドネシア国内からは長距離電車を利用した方法もあります。Kediri駅(クディリ駅)が最寄りとなっており、ジャカルタ、バンドゥン、ジョグジャカルタ等から乗車が可能です。Kediri駅から英語村までは車で1時間程度です。

スラバヤ国際空港ターミナルから